軍部独裁政権の時代、全羅道は金大中の地盤ということで長らく開発が進められていなかったが、そのために現在でも古い建物や街並があちこちに残っていて、1950〜80年代頃を舞台とした映画やテレビドラマのロケ地としてよく使われている。
全羅北道井邑市の山内面には、映画「南部軍」やテレビドラマ「戦友」のロケで使われた橋や陣地が、ほぼ撮影時のまま残されている。
井邑バスターミナルから山内面行きのバスに乗り、山内面事務所前で降りて地方道55号線を南へ行き、55号線が右に大きくカーブしている所で前方の分れ道に入ると、ロケ地に着く。
DSCN8003m.jpgDSCN7974m.jpgDSCN8002m.jpgDSCN8001m.jpgDSCN7976m.jpgDSCN7998m.jpgDSCN7997m.jpgDSCN7975m.jpgDSCN7995m.jpgDSCN7977m.jpg


Last-modified: Fri 01-Jan-2016 02:22:48 AM +0900 JST (480d)