支那の見方・その7

Pocket

前回は、支那人にとっての「天下」という話から若干寄り道して、支那人にとっての「王」と「皇」を俎上に載せたが、今回からは再び支那人にとっての「天下」について掘り下げる。

始皇帝以降、清朝末期に至るまで、支那人にとっての「天下」とは、唯一にして正統なる統治者である皇帝の統治が及ぶ所だった。そして、その範囲は時代によって拡大したり縮小したりした。朝鮮の北部やベトナムの北部、中央アジアの西トルキスタン南部が「天下」に含まれていた時代もあった。加えて、元や清といった、漢民族ではない、万里の長城よりも北側を本拠地としていた異民族の長が漢民族を支配して皇帝を称する時代もあり、そうした時代には万里の長城よりも遥か北側が「天下」に含まれていた。

そして、(繰り返しになるが)支那の民族構成で圧倒的多数派に属する漢民族にとって、天下はひとつに統合されているのが理想的な状態であって、天下を複数の国々に分裂させるというのは、漢民族にとっては今でも最大のタブーなのだ。

大部分の日本人は知らないが、「五独」という言葉が支那ではしばしば使われる。支那共産党が警戒する5つの分離独立運動のことで、具体的には以下の5つを指す。

台独……台湾の独立
蔵独……西蔵(チベット)の独立
疆独……新疆の独立
蒙独……内蒙古の独立
鮮独……延辺(かつての間島)の独立
(近年は香港での反政府運動の高まりに伴って、5番目は鮮独ではなく「港独」になっていることが多い。)

重要なのは、こうした分離独立運動は、単に支那共産党だけが警戒しているのではなく、漢民族の大多数がタブー視しているのだ。

そして、このような漢民族の天下観をろくすっぽ知らなかったがゆえに、20世紀の前半に大失敗をやらかしたのが……他ならぬ日本だった。

Pocket

支那の見方・その6

Pocket

前回の内容は、日本人と支那人での三国時代の受け取り方の違いだったが、今回の内容はその続き。まずはちょっと質問をひとつ。「王」と「皇」は、どう違う?

日本ではカトリックの「Pope」を「法王」と訳したり「教皇」と訳したりするように、「王」と「皇」の区別が曖昧なので、なんとなーく「王」よりも「皇」の方が格上?みたいな?という感覚の者が大半だろう。「学校」や「学園」よりも「学院」の方がなんとなーく格上?みたいな?

しかし、支那人はそう思わない。清朝末期までの支那人にとって、「王」とは天下が複数の国々に分裂している時の、それぞれの国の統治者のことであり、ゆえに、天下が複数の国々に分裂していれば、「王」も同時代に複数存在していて、いずれも天下の一部分の統治者に過ぎないのに対し、「皇」とは天下がひとつに統合されている時の、天下全体の唯一にして正統な統治者を意味していた。格が、全く違う。

現代の支那人においても、そうした感覚が残っていることを示す、代表的な例を挙げてみる。イギリスの国王を、支那語では「英皇」と呼ぶ。香港島北部を東西に走る大通りの「King’s Road」は支那語では「英皇道」だし、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスは「皇家歌劇院」だし、イギリスの海軍と空軍(英語では「Royal Navy」「Royal Air Force」)は「皇家海軍」「皇家空軍」だ。

かつての大英帝国、現在の英連邦もまた、イングランドウェールズスコットランドカナダオーストラリア……といった国々の集合体であり、ゆえに、そうした国々の集合体における唯一にして正統な君主に対する称号は「王」よりも「皇」が相応しい、と、支那人は考える。だから「英王」ではなく「英皇」なのだ。

Pocket

亜州卓上戦棋定点観測:2020年1月

Pocket

概説などはウィキ参照

 

The Hong Kong Society of Wargamersの定例会報告

2020年1月4日
Facebookアルバム
「宋金戦争」「1/3000 Victory at Sea & Modern Naval」「20mm 1930’s Imaginations」「15mm DBMM Bactrian Greek vs Marian Roman」

公式掲示板の画像付きスレッド等
悼念好友朱國華
朱國華追悼
DBmm 語錄
DBMM語録

 

ブログ「Hong Kong Wargamer」から

The game’s fantastic, my opponents divine
This happened : AP137 Fear Naught Turn 3 of 6.5 (AAR)

 

ブログ「炮台山下」から

1759:Siege of Quebec 介紹
「1759: Siege of Quebec」レビュー

 

「Board & Strategy」の画像付きスレッド等

2020.01.04 새해 첫 게임 후기(Blue Water Navy)
「Blue Water Navy」リプレイ

2020.01.08 JK님과의 클래시 옵 자이언트 후기
「Clash of Giants」リプレイ

2020.01.18 피유님과의 BWN 교육플 후기
「Blue Water Navy」リプレイ

Hearts and Minds AS 신청
「Hearts and Minds」AS申請

 

「ボードライフ」の画像付きスレッド等

[번역 리뷰] 나는 왜 Panzer에 열광하는가?
翻訳レビュー:私はなぜ「Panzer」に熱狂するのか?

2019년 올해의 워게임 Top 10 Rank 1~6
2019年今年のウォーゲームトップ10

878 바이킹스 – 잉글랜드의 침략 룰북
「878: Vikings」ルール翻訳

에도 막부의 황혼과 황혼의 투쟁을 비교해봤습니다
「江戸幕府の黄昏」と「Twilight Struggle」を比較してみました

4일에 걸친 Axis & Allies 1940 유럽전쟁
「Axis & Allies Europe 1940」リプレイ

 

ブログ「war game」から

Chapter 06. 공세페이지_유닛이동
(「Empire of the Sun」の)攻勢ページ・ユニット移動

Chapter 03. EoS_Zone of Infulence
(「Empire of the Sun」の)ZOI

Chapter 03. EoS_보급
(「Empire of the Sun」の)補給

Chapter 03. EoS_지역 컨트롤
(「Empire of the Sun」の)地域コントロール

 

ブログ「小さい世上の戦争記」から

(스펙터) 헬기 기다리기 1 – 포위
「Spectre: Operations」ヘリ待ち—包囲

(스펙터) 헬기 기다리기 2 – 오픈 파이어
「Spectre: Operations」ヘリ待ち—オープンファイア

 

ブログ「13 Foxtrot」から

Tenkatoitsu 天下一統,速記。
「Tenkatoitsu」リプレイ

 

ブログ「DVE’s log」から

2019/12/22 「衝冠一怒」測試、2020/01/05 「七大恨」戰報
「衝冠一怒」プレイテストと「七大恨」リプレイ

2019年戰棋回顧
2019年ウォーゲーム回顧

2020/01/12 新竹新手戰棋團活動記錄+「CMJ141 諾曼第的王牌」戰報
新竹新人ウォーゲーム団活動記録

2020/01/19 「板蕩歐陸:大戰序曲」(Europe in Turmoil: Prelude to the Great War)戰報
「Europe in Turmoil」リプレイ

 

ブログ「Hiew’s Boardgame Blog」「卓成桌游」から

Colonial Twilight
《Colonial Twilight》(殖民黄昏)
「Colonial Twilight」レビューとリプレイ

 

魔都戦棋村(Shanghai Wargamers Party)の定例会報告

2020年1月16日〜23日
Facebook投稿
「Clash of Giants II」「風捲紅旗」「No Retreat! The Russian Front」「Ligny 1815」「七大恨」「Justinian」「Ardennes ’44」「Cataphract」

 

「戦争芸術」の画像付きスレッド等

TTS《Paths Of Glory》solo推演
「Paths of Glory」ソロプレイ

悼念《决战萨尔浒》设计师的逝世
追悼「決戰薩爾滸」デザイナー逝去

【推演报告】装甲军团:阿拉曼之战
「ドイツ戦車軍団:エル・アラメイン」リプレイ

兵棋六角地图战术入门
ウォーゲームヘクスマップ戦術入門(JWC版「ドイツ戦車軍団」入門ガイドブック翻訳)

 

「百度貼吧」の画像付きスレッド等

[兵棋开箱]纸上谈兵10一日俄战争
戦鼓遊戯版「日露大戦」レビュー

【推演战报】 the western front 大黄标西线
「The Western Front: 1914 to 1918」リプレイ

【兵棋开箱】宋金战争
「宋金戦争」レビュー

【兵棋开箱】 西奈1973 中央司令部 沙漠风暴作战
「Crisis: Sinai 1973」レビュー

【兵棋推演】纸14——无尽的冲锋号,全剧本
「無尽的衝鋒号」リプレイ

【推演战报】1898 圣地亚哥战役
「The Santiago Campaign, 1898」リプレイ

【兵棋开箱】 GJ九州三国志
「九州三国志」レビュー

永不退缩,俄国前线,策略探讨
「No Retreat! The Russian Front」作戦研究

【推演战报】2020南京首次推演之三国群雄(贼)传
南京で「三国群雄伝」プレイテスト

兵棋圈前辈朱国华先生病逝
朱國華追悼

【兵棋开箱】victory game fleet系列
フリートシリーズレビュー

【兵棋战报】斯摩棱斯克攻防战
「ドイツ装甲軍団:スモレンスク攻防戦」リプレイ

【推演战报】world war 1一战
「World War I」リプレイ

【资讯交流】南北战争-美国内战1861~1865众筹开始
千伏工作室版「The American Civil War」クラウドファンディング開始

【推演战报】:vpg哈瑙战役
「Hanau 20」リプレイ

永不退缩策略探讨续
「No Retreat! The Russian Front」作戦研究つづき

【推演战报】第七舰队 civil war in the Philippines
「7th Fleet」リプレイ

【推演战报】官渡战役
「官渡戦役」リプレイ

【兵棋学院】雅典的2019年兵棋推演盘点
2019年回顧

【兵棋开箱】GBOH Cataphract 第二版
「Cataphract」レビュー

【(伪)兵棋开箱】自制kriegsspiel算子和手绘地图
自作クリークスシュピールの駒と地図

【兵棋开箱】庆长出羽合战
「慶長出羽合戦」レビュー

【兵棋开箱】 莫斯科之路
香蕉卓遊版「Roads to Moscow」レビュー

兵棋开箱——《燃烧大陆》
「燃焼的大陸」レビュー

【兵棋推演】王冠落地 剧本:第二次德法战争
「World War I」リプレイ

【兵棋推演】莫斯科之路剧本3 坦克旅
「Roads to Moscow」リプレイ

【兵棋开箱】千伏火力战两德扩和英发扩开箱
千伏工作室版「Firefight」レビュー

【兵棋开箱】恶魔骑兵(香蕉版)
香蕉卓遊版「Devil’s Horsemen」レビュー

【推演战报】穿越之带着兵棋在北非—Afrika (second edition)
「SCS: Afrika」リプレイ

新东西到了,挺好
千伏工作室版「New World Order Battles」レビュー

【兵棋开箱】千伏熊啸利爪:俄格战争
「熊哮利爪」レビュー

【兵棋开箱】突出部之战中文版
極光遊戯工作室版「バルジ大作戦」レビュー

推演战报 大河滔滔:豫东战役
「大河滔滔」リプレイ

【推演战报】GD40漫画版战报
「GD ’40」リプレイ

【兵棋开箱】新世界秩序:东方一八和西方一七
「New World Order Battles」レビュー

【兵棋开箱】格子社新作the fate of reiters
「The Fate of Reiters」レビュー

【推演战报】极光工作室《龙与熊》臭dd新人试推演战报
「龍与熊」リプレイ

【推演战报】《突出部之战》推演 德军打穿阿登防线战术研究
「バルジ大作戦」作戦研究

新世界秩序在线开箱
香蕉卓遊版「1866: The Struggle for Supremacy in Germany」レビュー

【推演战报】火力战 东西德扩展
「Firefight」リプレイ

【自主设计】顿涅茨克机场娘化版
「Donetsk: The Battle for the Airfield」女体化ユニット

【推演战报】徐蚌会战(长期更新)
「徐蚌会戦」プレイテスト

【推演战报】各种村规的kriegsspiel架空遭遇战(缓慢更新ing)
クリークスシュピール架空遭遇戦リプレイ

【推演战报】柏林陷落变体规则测试战报
「ベルリン陥落」リプレイ

【推演战报】东线战争1941-19XX
「東線戦争」プレイテスト

【推演战报】紫禁城外—年前自撸
「紫禁城外」リプレイ

【兵棋开箱】 Nevsky
「Nevsky」レビュー

【兵棋开箱】赤龙崛起、3w 克里米亚半岛、NW系列第二版扩展
「Red Dragon Rising」「Crimean Shield」レビュー

新秩序 东方18
「New World Order Battles: Ulaan Baatar」リプレイ

[兵棋开箱]信息化演习模拟
戦鼓遊戯の新作「信息化」レビュー

【推演战报】火力战 英法扩剧本
「Firefight」リプレイ

【推演战报】大河滔滔——运动歼敌剧本
「大河滔滔」リプレイ

【推演战报】莫斯科之路:姆岑斯克之战
「Roads to Moscow: Mtsensk」リプレイ

【推演战报】恶魔骑兵中文版开箱及试推
「Devil’s Horsemen」レビューとリプレイ

【推演战报】西方17
「New World Order Battles: Kiev」リプレイ

【推演报告】装甲军团:阿拉曼之战
「ドイツ戦車軍団:エル・アラメイン」リプレイ

【推演战报】第七舰队 千军万马渡海峡,万里惊涛把路开
「7th Fleet」リプレイ

【推演战报】决战奉天 无聊撸着玩
「決戦奉天」リプレイ

【推演战报】《辐射尘苏联末日》推演,赌上人类命运的一战
「輻射塵:蘇聯末日」リプレイ

【推演战报】明信片诺曼底登陆战
「Destination: Normandy」リプレイ

【推演战报】victory game 7 fleet 入侵北海道
「7th Fleet」リプレイ

大家在家隔离期间都玩了哪些战棋?
みんな家で隔離されている間にどのウォーゲームをプレイした?

【推演战报】a victory lost
「A Victory Lost」リプレイ

(申精)在线直播千伏兄弟阎墙苏联翻车现场SOLO
「兄弟鬩牆」ソロプレイ

 

「知乎」の画像付きスレッド等

推演未来战争:2019年兵棋推演综述!
未来の戦争を推論する:2019年ウォーゲーミングまとめ!

 

ビリビリ動画の映像から

《冬季风暴行动》兵棋介绍和推演流程
「Into the Pocket!」レビューとリプレイ

【兵棋推演】迷你战争02-兄弟阋墙-教学视频
「兄弟鬩牆」インスト

【冷战兵棋】桌游《古巴解放》4方玩家行动指南
「Cuba Libre」行動指南

桌游/卡驱兵棋 《光荣之路》 网战平台wgr介绍&对局录像解说
「Paths of Glory」リプレイ

【冷战兵棋】桌游《古巴解放》流程解说第一轮
「Cuba Libre」インスト

日本海军大学对甲午海战进行兵棋推演,结果令人不敢相信
「坂の上の雲」の兵棋演習

桌游/卡驱兵棋 《光荣之路》实况对局复盘教程&解说教学向
「Paths of Glory」リプレイ

【莫·兵】七十四《莫斯科之路》开箱简介及战报
「Roads to Moscow」レビューとリプレイ

【冷战兵棋】桌游《古巴解放》流程解说第二轮
「Cuba Libre」インスト

【兵棋开箱】二战兵棋《突出部之战》开箱与德军特种部队单位介绍——再现1944阿登战役全景
「バルジ大作戦」レビュー

【抗日兵棋】滇西战役(OCS Burma 缅甸 云南扩讲解)
「OCS: Burma」インスト

USE——无条件投降:欧洲(完结)
「Unconditional Surrender!」リプレイ

【兵棋推演】上高战役!千伏工作室迷你战争系列,虎尾春冰1~3回合推演实况
「虎尾春氷」リプレイ

【王冠落地】全景一战兵棋游戏,世界观宏大,力荐!
「World War I」レビュー

【莫·兵】七十五《绝对统御》开箱简介及战报
「Imperium」レビューとリプレイ

【兵棋开箱】普鲁士VS奥地利 1866德意志霸权之争
「1866: The Struggle for Supremacy in Germany」レビュー

【莫·兵】七十六《教改风云》规则讲解
「Here I Stand」インスト

OCS 斯摩棱斯克 推演讲座(1)
「OCS: Smolensk」インスト

《No Retreat!永不退缩!》兵棋开箱
「No Retreat! The Russian Front」レビュー

【一战兵棋】施里芬计划(Glory’ End版)
シュリーフェン・プラン(「1914: Glory’s End」版)

请先看简介 口袋战史01布干维尔战役 规则讲解(有疑问)+兵棋推演
「ブーゲンビル・キャンペーン」レビューとリプレイ

Pocket

支那の見方・その5

Pocket

前回の最後、支那人にとっての支那のイメージは、依然として「全ての国々がひとつに統合された「天下」」というイメージがベースになっている、と締めくくったが、具体的な事例を挙げてみる。

支那の歴史で、日本人が最もよく知っている時代と言えば、三国時代が挙げられるだろう。小説・マンガ・ゲームなどなど、日本人が日本人向けに作った「三国志もの」のコンテンツは枚挙に暇が無く、ディープな三国志ファンは少なくない。ところが、実は支那人の間では、支那の歴史の中で三国時代は不人気なのだ。

代表的な例を挙げると、支那のQ&Aサイト「知乎」に、「你最喜欢中国历史上的哪个朝代?为什么?(あなたが最も好きな支那の歴史はどの時代?それはなぜ?)」というスレッドが立っていて150件以上の回答が付いているのだが、三国時代を挙げている者は10人未満で、漢や唐や宋や明を挙げている者の方が圧倒的に多い。逆に、日本人の間で支那の歴史といえば三国志だけが突出して人気なのが支那人の間で不思議がられていたりするのだが、本稿を最初からちゃんと読んでいれば、理由は自ずと明らかだろう。

つまり、支那人にとって(厳密に言えば、支那の民族構成で圧倒的多数派に属する漢民族にとって)、始皇帝以降、天下はひとつに統合されているのが理想的な状態であって、春秋戦国時代の再来のごとく、天下が複数の国々に分裂している状態というのは、天下のあるべき状態ではなく、だからこそ、漢や唐や宋や明といった、漢民族によって天下がひとつに統合されていた時代と比べて、三国時代は不人気なのだ。

そしてもうひとつ、支那人が三国時代について語る際に、日本人とは決定的に異なる特徴が存在する。それは、魏・蜀・呉いずれが「正統」だったかが議題になるということだ。

え?魏にしろ蜀にしろ呉にしろ、結局は天下を統一できなかったんだから、どれが正統もへったくれも無いでしょ?というのは、「信長の野望」をわざとマイナーな弱小大名でプレイして日本を統一したりするのを楽しむような日本人の考えであって、支那人はそう考えない。天下が複数の国々に分裂していて、それぞれの国の王が同時代に複数並び立っていても、唯一にして正統なる統治者である皇帝の「天下全体を統治する者の徳」を継承しているのは、その内のたったひとりであって、残りは全てニセモノ、と、支那人は考えるのだ。

代表的な例を挙げると、日本ではもっぱら「正史三国志」と呼ばれる、陳寿「三国志」では、「魏書」にのみ本紀が設けられているので、著者の陳寿は魏が正統だったとみなしていたと考えられる。一方、朱子学や「三国志演義」では、蜀が正統だったとみなしている。つまり、「真実はいつもひとつ」ならぬ「正統なものはいつもひとつ」というのが支那人の基本的な考えなのだ。

Pocket

支那の見方・その4

Pocket

前回までは「支那は、国ではなく、それ自体がひとつの世界である」という本稿のメインテーマの説明に充てていたが、今回からは、そのメインテーマからどんどん話を発展させる。

20世紀に入るまで、支那人の大部分にとっては、支那が「天下」(=世界の全て)であり、「我々は全ての国々がひとつに統合された「天下」に生きている」という自意識(あるいは建前)を持っていた。こうした支那人にとっての「天下」を外部からおびやかす存在といえば、万里の長城の北側からしばしば襲来する、非定住の遊牧騎馬民族が大半であり、こうした遊牧騎馬民族は非定住であるがゆえに、支那人にとっては固有の国土を持たない漂泊者の群れという扱いだった。が、清朝末期から、そうした自意識(あるいは建前)は、阿片戦争アロー戦争、ロシアへの外満州外西北の割譲、そして日清戦争によって、徐々に崩れていった。

「天下」の向こう側、唯一にして正統なる統治者である筈の皇帝の統治が及ばない所にも「世界」は広がっていて、そこには様々な国が存在していて、そうした国々にとっては「天下」もまた「世界の中の一国」という扱いであって、「秦」に由来する名前で呼ばれている……というのは、当時の支那人にとって、まさしくコペルニクス的転回だった。

しかし、20世紀に入った時点で、支那の人口は既に4億人を超えていた。4億人の意識を転換させるなんて、一朝一夕でできることではない。辛亥革命が起きて中華民国が成立しても、軍閥による分裂国共内戦が続き、1949年に支那共産党が支那本土をほぼ制圧したことで、ようやく支那人全ての意識を転換させる下地が整った。支那共産党は1949年10月1日の中華人民共和国開国大典を「新中国成立」と呼んでいるが、それは単に新しい国家の成立というのではなく、「天下」から「世界の中の一国」へと、支那の自画像が本格的に転換し始めた瞬間だったのだ。

そして、その瞬間からまだ、70年くらいしか経っていない。依然として、支那の自画像、つまり支那人にとっての支那のイメージは、「全ての国々がひとつに統合された「天下」」というイメージがベースになっているのだ。

Pocket

支那の見方・その3

Pocket

前回の最後、「支那は、国ではなく、それ自体がひとつの世界である、と見るべきなのだ」と締めくくったが、まだ納得できていない者もいるだろう。というわけで今回は、なぜ、支那はそれ自体でひとつの世界であると見るべきなのか、ということを掘り下げてみる。

「支那はそれ自体でひとつの世界である」という物言いに対して、「じゃあ、秦とか漢とか隋とか唐とか宋とか元とか明とか清とかは一体なんなんだよ?国名だろ?」と思う者は少なくないだろう。が、これらはあくまでも支那の外側の国々だけに向けた、対外専用の自称であって、支那が複数の国々に分裂してなく、ひとつに統合されていれば、当の支那人自身は「自分たちは全ての国々がひとつに統合された「天下」(=支那人にとっての「世界の全て」)に住んでいる」という自意識で生きていた。国名なんてものは国が複数ある場合にのみ必要なのであって、全ての国々がひとつに統合されていれば、国名なんて必要ない。だから、支那がひとつに統合されていれば、支那が世界の全てであると思っていた支那人自身は「自分は漢国人である」「自分は唐国人である」「自分は明国人である」などとは思っていなかったのだ。

更に言えば、支那人にとって、秦とか漢とか隋とか唐とか宋とか元とか明とか清とかいうのは、国名ではなく「時代の区分」だった。いずれも秦朝・漢朝・隋朝・唐朝・宋朝・元朝・明朝・清朝とも呼ぶことからも、それは明らかだろう。プトレマイオス朝のエジプトの国名が「プトレマイオス」ではなかったように、サーサーン朝のペルシア(イラン)の国名が「サーサーン」ではなかったように、ロマノフ朝のロシアの国名が「ロマノフ」ではなかったように、支那人にとって秦とか漢とか隋とか唐とか宋とか元とか明とか清とかいうのは、あくまでも時代に付けられた名前だったのだ。ついでに言うと、前回ちょっと触れた「殷」も、殷の時代に作られた甲骨文字の文献には「殷」の字は出てきてなく、その次の「周」の時代になってから作られた文献に、ひとつ前の時代の呼び名として「殷」の字が出てくる。

次に、支那の内部の多種多様さについても触れておこう。支那の土地の面積は日本よりも遥かに大きく、少数民族も50を超えるが、具体的な支那の多種多様さに関する知識なんて、日本人の多くは持っていないのだから、具体的な例を幾つか挙げてみる。

まず、言語。一口に支那語といっても、北方で使われる北京語(および、それをベースとした普通話)と、南方で使われる広東語では、発音も使う字も相当異なる。例えば、普通話で「私は北京人です、香港人ではありません」は、以下のようになる。

我是北京人,不是香港人。
(ウォー・シー・ベイジンレン、プー・シー・シャンガンレン。)

これに対し、広東語で「私は香港人です、北京人ではありません」は、以下のようになる。

我係香港人,唔係北京人。
(ンゴ・ハイ・ヒョンゴンヤン、ン・ハイ・バッギンヤン。)

支那語の声調は普通話で4つなのに対し、広東語では9つ(基本的なものだけでも6つ)もあるが、そうした声調の違いを無視しても、発音も使う字も異なるということがわかるだろう。ゆえに、支那のテレビ番組には基本的に字幕が付いている。

言語の次は食文化。日本では東西で食文化がかなり異なるが、支那の場合、南北で気候が大きく異なることが、食文化にも大きな違いをもたらしている。支那の主要な大河は北から順に黒竜江遼河海河黄河淮河長江珠江が挙げられるが、ざっくり分類すると、淮河(と、その西に位置する秦嶺山脈)を境にして、それよりも北では小麦が、それよりも南では米が栽培されている。つまり、秦嶺・淮河線よりも北では小麦が、南では米が、それぞれ主食になっている。

主食の次は飲み物。支那では豆漿、つまり豆乳が朝食の定番となっているが、北方では甘口の「甜豆漿」が好まれ、南方では塩味の「鹹豆漿」が好まれる。簡体字の「甜豆浆 咸豆浆」で検索をかけると、北方の甘口派と南方の塩味派の議論が喧しいし、新浪微博には「#甜咸豆浆之争#」という専用のハッシュタグまで用意されている(新浪微博のハッシュタグは2つのシャープで前後を挟む)。

日本ではスイーツの類とみなされることが多い豆花粽子(ちまき)湯円月餅も、甘口のものの他に肉を入れたりして塩味にするものもあり、北方では塩味の豆花と甘口の粽子・湯円・月餅が好まれ、南方では甘口の豆花と塩味の粽子・湯円・月餅が好まれる。こうした甘口派と塩味派の対立を総称して「甜鹹之争」と言い、やはり簡体字の「甜咸之争」で検索すれば、対立の一端を垣間見ることができる。

言語や食文化以外でも、支那は南北の差異が大きい。「南船北馬」という故事成語は日本でも知られているが、先述の主食の違いを表した「南稲北麦」という言葉もあるし、炊事道具の違いを表した「南釜北鬲」、衣類の違いを表した「南糸北皮」、住居の違いを表した「南巣北穴」、建材の違いを表した「南木北土」、工業の違いを表した「南軽北重」、身長の違いを表した「南矮北高」、体重の違いを表した「南瘦北胖」、思想の違いを表した「南道北儒」という言葉もある。この他にも、ニンニクやネギを刻んで薬味にするか丸かじりするか、食材をバラ売りするか袋詰めで売るか、公共施設のシャワーに仕切りがあるかないか、性格が繊細か豪快か、経済中心か政治中心か、ゴキブリが大きいか小さいか等々、様々な違いが指摘されていて、こうした南北の差異は簡体字の「南北差异」で検索すれば、色々と垣間見ることができる。

南北の差異の話だけでは不十分なので、最後に一発、とっておきのものをぶちかます。2000年代半ばに「バカ日本地図」という企画が話題になり、その後も日本の各地を独断と偏見で紹介・解説する類の地図が現在に至るまで度々SNSに投稿されて話題になったりするが、英語圏でも同様の趣旨で「Judgmental Maps」や「Atlas of Prejudice」といった専門のサイトが存在する。そして、支那でも同様の地図が作られているのだ。おおむね「○○人眼中的中国地图」あるいは「中国偏见地图」という題名が付いていて、検索すればわんさか出てくる現在の支那の行政区分は23省・5自治区・4直轄市・2特別行政区の合計34一級行政区に分類されるが、これらの地図を見れば、たとえ支那語や簡体字の知識が無くても、それぞれの行政区の出身者が自らの出身地と他の地域をどう見ているのか、その多様性を垣間見ることができる。

Pocket

支那の見方・その2

Pocket

前回の最後、「支那は、国ではない」の一言で終ったので、えええええ〜っ!?と思った者もいるだろう。国じゃないんだったら一体なんなんだよ!?と、疑問符が飛び回っていてもおかしくはないが、今回はその疑問に答えるため、まず、支那の歴史を一気に遡ってみる。

神話伝説上の三皇五帝の時代や、いまだ実在したか否かがハッキリしないの時代を除くと、歴史学と考古学の双方で実在が確認できる支那の最も古い時代はで、その次が、そして諸国乱立の春秋時代および戦国時代に移り、が他の国を全て滅ぼすことによって諸国乱立の時代が終り、秦の王だった嬴政が史上初めて「皇帝」を名乗り、国によってバラバラだった度量衡や貨幣や書体を統一した……といった話は、中学や高校で世界史を履修していれば知っているだろう。

で、世界史の教科書や歴史書の類では、秦が他の国を全て滅ぼすことによって春秋戦国時代が終ったことを「統一国家の成立」と表現しているのが大半だが、それは、ちょっと違う。いや、かなり違う。

戦国時代の支那は、秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓の、いわゆる戦国七雄と呼ばれる7つの国々に分裂していたわけだが、当時それら7ヶ国で日々生活していた人々にとって、東の海西の砂漠南の山脈北の高原の向こう側というのは未知の領域であって、それらに囲まれた大平原の7ヶ国が「天下」すなわち「世界の全て」だった。

ゆえに、秦が他の6ヶ国を滅ぼした……というのは、当時の支那人にとっては、「統一国家の成立」というよりは「世界政府の樹立」のように思えるものだった。国によって度量衡や貨幣や書体がバラバラだったのだから、尚更そうだ。これを「統一国家の成立」とみなすのは、当時の支那の向こう側にも様々な国が存在していたということを知っている現代人の思考丸出しの見方に過ぎない。

以後、支那の歴史は、三国時代五胡十六国時代南北朝時代五代十国時代といった、支那が複数の国々に分裂した時代と、といった、(支那人にとっての)世界政府が樹立した時代が交互に訪れた。その過程で、支那人の活動領域が東の海・西の砂漠・南の山脈・北の高原の向こう側にも広がってゆき、逆にインドの仏僧やアラブのイスラム商人やヨーロッパのカトリック宣教師が支那にやってきて、それによって、唯一にして正統なる統治者である筈の皇帝の統治が及ばない所にも様々な国が存在するらしい……ということがわかってきたのだが、それでも依然として「我々は既に国家を超越したのだ」という自意識(あるいは建前)は20世紀まで継続した。

つまり、支那は国ではなく、それ自体がひとつの世界であると見るべきであって、当の支那人自身、大多数がそういう自意識(あるいは建前)でもって、20世紀に入るまで、自分たちが日々生活している支那を「天下」すなわち「世界の全て」と見ていたのだ。このことがわかっていないと、支那を、支那人を、見誤ることになるし、実際に日本人の大半は現在進行形で見誤っている。更に言えば、支那を「中国」と呼ぶことは、そうした見誤りを助長してしまってもいるのだ。

ものすごく重要なことであり、本稿のメインテーマでもあるので、もう一度繰り返す。支那は、国ではなく、それ自体がひとつの世界である、と見るべきなのだ。

Pocket

支那の見方・その1

Pocket

さて、先日予告した通り、年明けからちょっと長めの話を、何回かに分けて連続して投稿する。テーマはズバリ、支那。

21世紀に入ってから、支那の擡頭が著しい。ゆえに、支那とは地理的に近い日本で生れ育ってきた日本人は、好むと好まざるを問わず、擡頭する支那と対峙せざるを得ない。が、依然として日本人の大多数は支那と対峙する態勢が整っていない。そもそも、支那の見方が全くなっていない。というわけで、最初の海外旅行先が支那で、その後も何度も支那を訪れ、繁体字でも簡体字でも支那語が一応読み書きできて、実際にネット上で日常的に支那語を読み書きしている立場から、凡百の支那論とは決定的に異なる支那の見方を提示しようと思う。

で、本稿が凡百の支那論とは決定的に異なるということを示すためにも、まず最初に、冒頭から何度も何度も繰り返し使ってきた「支那」について、一発ぶちかます。日本人の大半は「支那」を蔑称だと思っていて、蔑称だと思うから使うのを避けたり、蔑称だと思うからわざと侮蔑するつもりで使ったりしているのだが、どちらも均しくバカ丸出しだと断言しておく。こういうバカ共はそもそも、基本的な支那語の知識すら無い。なぜならば、インドシナ(英語だと「Indochina」もしくは「Indo-China」)は支那語でも「印度支那」だから。

具体的に、幾つか例を挙げる。インドシナ戦争(英語だと「Indochina Wars」)は「印度支那戦争」だし、フランス領インドシナ(英語だと「French Indochina」)は「法属印度支那」(フランスは支那語で「法蘭西(ファーランシー)」略して「法国(ファーグォ)」)だし、フランス映画の「インドシナ」(原題は「Indochine」)も「印度支那」だ。

インドシナ以外にも例を挙げる。コーチシナ(英語だと「Cochinchina」)は「交趾支那」だし、ビルマのミッチーナー(かつて日本では「ミイトキーナ」と呼ばれていて、英語だと「Myitkyina」)は「密支那」だ。支那事変をテーマとして香港人がデザインして台湾で出版されたボードウォーゲーム「英烈千秋」のマップでも左下に「密支那」が描かれている。日本でも輸入販売されていたので、持っていればマップを広げて確認できる。

孫文最大のライバル、宋教仁が日本亡命中の1905年に東京で発行した雑誌は「弐拾世紀之支那」だったし、1911年に辛亥革命が成立した後の国号案には「中華民国」の他にも「大夏」や「支那」があった。一気に時代を遡ると、そもそも支那の語源は、始皇帝の「秦」がインドで転訛して「チーナ(China)」になり、そのインドで誕生した仏教の経典を支那で翻訳する際に文中の「チーナ」を「支那」に音写した……というのが有力な説とされている。つまり、当の支那人自身が「支那」を使いまくっていた。

更に言えば、支那人が支那を「中国」と呼ぶようになったのは、20世紀に入ってから梁啓超が著作で使うようになってから一般化したのであって、意外と歴史は浅く、日本人が岡山や広島や山口や鳥取や島根を「中国(地方)」と呼んできた期間の方が遥かに長い。

支那人が支那を「中国」と呼ぶようになったのは、意外と歴史が浅い……ということは、実は、ある重要な事実を反映している。その重要な事実とは……「支那は、国ではない」。

Pocket

亜州卓上戦棋定点観測:2019年12月

Pocket

概説などはウィキ参照

 

The Hong Kong Society of Wargamersの定例会報告

2019年12月7日
Facebookアルバム
「Mr. Madison’s War」「Polis」「Holdfast: Eastfront」「Axis & Allies: Pacific」「15mm Napoleonics Battle of Waterloo La Haye Saint & East」「Cold War Naval」「28mm Napoleonics」「15mm DBMM Ancient Breton vs Middle Imperial Roman」

2019年12月21日
Facebookアルバム
「ガンダムコレクション タクティカルコンバット」「15mm DBMM Mountain Indian vs Bactrian Greek」「Star Wars: X-Wing」「Commands & Colors: Napoleonics」「Gettysburg」

 

ブログ「Hong Kong Wargamer」から

Trailer: LFT The Fight for Seoul
Katz: Designer’s Response to the Desperation Morale Review of Forgotten War

 

ブログ「炮台山下」から

Gettysburg 入門戰棋
「Gettysburg」レビューとリプレイ

大東亞共榮圈戰棋初探
「大東亜共栄圏」レビューとリプレイ

 

「Board & Strategy」の画像付きスレッド等

제 13 회 배틀캠프 후기 2019.11.29~12.01
第13回バトルキャンプ後記

2019.12.21 Blue water navy 간단 소개 및 테플 후기
「Blue Water Navy」レビューとリプレイ

 

「ボードライフ」の画像付きスレッド等

패스 오브 글로리 신판 번역설명서
「Paths of Glory」新版翻訳説明書

워파이터 월드워 2 룰북 번역
「Warfighter」ルールブック翻訳

2019년 올해의 워게임 Top 10 Rank 7~10
2019年今年のウォーゲームトップ10

 

ブログ「小さい世上の戦争記」から

(스펙터)중동의 스페츠나츠 게임 그 1
(스펙터)중동의 스페츠나츠 게임 그 2
中東のスペツナズゲーム

디스워오브마인 한글화 보드게임 수령
「This War of Mine」ハングル化ボードゲーム受領

디스워오브마인 보드게임 캐릭터 도색 진행중
「This War of Mine」ボードゲームキャラクター塗色進行中

디스워오브마인 보드게임 테스트 플레이
「This War of Mine」リプレイ

 

ブログ「大男孩 の 生活 ○ 瑣事」から

【ASL】SP 23 Assault on the hotel Continental
ASLリプレイ

 

ブログ「DVE’s log」から

2019/11/16 「EastFront II」戰報
「EastFront II」リプレイ

2019/11/24 新竹新手戰棋團活動記錄
新竹新人ウォーゲーム団活動記録

2019/11/30 「Maria」戰報
「Maria」リプレイ

2019/12/07 「哈米爾卡:第一次布匿戰爭」(Hamilcar)戰報
「Hamilcar」リプレイ

2019/12/15 新竹新手戰棋團活動記錄+「CMJ141 諾曼第的王牌」戰報
新竹新人ウォーゲーム団活動記録

 

北京戦棋党の画像付き定例会報告等

2019年12月1日
战棋堂活动:19年12月1日活动回顾《P&S武士》!
「Pike & Shotte: Samurai」

2019年12月22日
战棋堂活动:19年12月22日活动回顾《第三帝国》!
「The Third Reich」

 

魔都戦棋村(Shanghai Wargamers Party)の定例会報告

2019年12月9日〜15日
Facebook投稿
「Battle for Germany」「Julian」「Khan」「Plan Orange」「Hearts and Minds」「三国群雄伝」「Crossing the Line」

2019年12月21日〜28日
Facebook投稿
「Dawn’s Early Light」「Gustav Adolf the Great」「Apocalypse in the East」「The American Civil War」「Struggle for Europe」「三国群雄伝」「孤臣孺子(プレイテスト)」「Stalingrad Besieged」

 

「戦争芸術」の画像付きスレッド等

【开箱】人民的胜利——淮海大决战
「人民的勝利:淮海大決戦」レビュー

 

「百度貼吧」の画像付きスレッド等

【兵棋战报】冬季风暴行动!
香蕉卓遊版「Into the Pocket!」リプレイ

【推演战报】Great War Commander
「Great War Commander」リプレイ

[萌新战报] 斯大林格勒42
「Stalingrad ’42」リプレイ

兵棋推演【大河滔滔】—–运动歼敌剧本(萌新上路)
「大河滔滔」リプレイ

【兵棋开箱】装甲掷弹兵:空降兵
「Panzer Grenadier: Airborne」レビュー

[推演战报]哈尔科夫攻防战
「ドイツ戦車軍団:ハリコフ攻防戦」リプレイ

【兵棋开箱】火力战
千伏工作室版「Firefight」レビュー

【推演战报】莫斯科之路剧本3:坦克旅
「Roads to Moscow」リプレイ

【兵棋开箱】Paratroop 伞兵
「Paratroop」レビュー

【兵棋开箱】Triumph of Chaos v.2 (Deluxe Edition)
「Triumph of Chaos」レビュー

【兵棋开箱】Napoleon’s Triumph
「Napoleon’s Triumph」レビュー

【兵棋开箱】冬季风暴
「Into the Pocket!」レビュー

【兵棋开箱】Battle for Stalingrad
「Battle for Stalingrad」レビュー

【推演战报】Smolensk全剧本
「OCS: Smolensk」リプレイ

【兵棋开箱】【单人卡牌】 猫兄猫弟 意呆利278轰炸机中队的
「278th Squadron: The Same 4 Cats」レビュー

[兵棋开箱] Austerlitz 1805
「Austerlitz 1805」レビュー

【兵棋开箱】纸上谈兵14——无尽的冲锋号
戦鼓遊戯の新作「無尽的衝鋒号」レビュー

【推演战报】 千伏迷你战争系列之:大河滔滔
「大河滔滔」リプレイ

纸上谈兵14无尽的冲锋号“开箱与小小的试玩”
「無尽的衝鋒号」レビューとリプレイ

【兵棋开箱】纸上谈兵10-日俄战争
戦鼓遊戯版「日露大戦」レビュー

【兵棋开箱】甘地
「Gandhi」レビュー

萌新战报1939-1944太平洋战争
戦旗工作室版「大東亜共栄圏」リプレイ

【兵棋开箱】No Question of Surrender
「No Question of Surrender」レビュー

【推演战报】OCS Burma 小剧本3
「OCS: Burma」リプレイ

【兵棋开箱】Hakkaa Päälle!(伪)开箱
「Hakkaa Päälle!」レビュー

兵棋开箱——纸上谈兵14——《无尽的冲锋号》
「無尽的衝鋒号」レビュー

【兵棋学院】当我们在谈兵棋设计时,我们在思考什么?
ウォーゲームのデザインを語る時に何を考えるか?

【兵棋开箱】千伏版火力战 FireFight 开箱及推新小战报
「Firefight」レビューとリプレイ

《PQ17:北冰洋海上作战》PQ12剧本战报
「PQ-17」リプレイ

DIY 基于kriegsspiel1862规则的虾夷之战箱馆总攻击剧本
「Kriegsspiel 1862」のルールを元に自作した蝦夷の戦いの箱館総攻撃シナリオ

【兵棋开箱】太平洋战争1939—1944
「大東亜共栄圏」レビュー

【兵棋开箱】Next War: Korea 第2版 +Next War系列补充包2
「Next War: Korea」レビュー

【推演战报】Julian:Triumph Before the Storm
「Julian」レビューとリプレイ

【推演战报】意想不到的战争
「World War I」リプレイ

渣开箱 第三期 下错单的GMT新作
「Nevsky」レビュー

 

ビリビリ動画の映像から

【莫·兵】六十九《太空帝国·4X》开箱,讲解及演示
「Space Empires: 4X」レビューとリプレイ

【执政官的兵棋开箱】火力战
「Firefight」レビュー

【莫·兵】七十《速战速决二:冬季风暴》开箱,讲解及快速战报
「Into the Pocket!」レビューとリプレイ

《帝国反击》和《王冠落地》两款兵棋开箱
「帝国反撃:匈牙利(ハンガリー)戦役1945」「World War I」レビュー

【二战兵棋】OCS 斯摩棱斯克 4回合短剧本第1回合 让我们一起来盖楼吧
「OCS: Smolensk」リプレイ

《冬季风暴》兵棋开箱
「Into the Pocket!」レビュー

【莫·兵】七十一《战舰少女R》翻牌不给看
「戦艦少女R」レビューとリプレイ

【新德里玩桌游】第99期 《血战碧蹄馆》推演(1)SETUP
「血戦碧蹄館」リプレイ

纸上谈兵14——无尽的冲锋号
「無尽的衝鋒号」レビュー

【莫·兵】七十二《宋金战争》开箱及讲解
「宋金戦争」レビューとリプレイ

【央视报道】中北大学夺冠第三届全国兵棋推演大赛
中北大学が第3回全国ウォーゲーム大会で優勝

【二战兵棋】《突出部之战》规则介绍——再现1944阿登战役全景
「バルジ大作戦」ルール紹介

【小飞/官渡战役/开箱】看上去挺精简的说2019/12/16
「官渡戦役」レビュー

【抗日兵棋】大刀向鬼子们的头上砍去!气壮山河 1933热河·长城抗战 B站投稿一周年
「気壮山河」リプレイ

【莫·兵】七十三《878年:维京人入侵》开箱,讲解及演示
「878: Vikings」レビューとリプレイ

【抗日兵棋】大刀向鬼子们的头上砍去!气壮山河 1933热河·长城抗战 完结
「気壮山河」リプレイ

【冷战兵棋】朝鲜战争The Korean War介绍与推演——再现1950年朝军の攻势
【冷战兵棋】朝鲜战争The Korean War番外篇(补充、说明与3分钟无解说推演速览)——再现1950年朝军の攻势
「朝鮮戦争」レビューとリプレイ

【古战兵棋】878维京人入侵英格兰 Vikings Invasions of England介绍——维京海贼王的不列颠岛游记
「878: Vikings」レビュー

Pocket

日本は東アジア……か?

Pocket

日本列島は、地理的には東アジアに属する。が、だからといって、日本が文化的にも東アジアの文化圏に属するとは、必ずしも言い切れない。というのも、日本を代表する文物とされているものの中に、実は東南アジアに淵源していたり類似のものが存在しているものが少なくないからだ。以下、思いつくまま列挙してみる。

寿司といえば、日本の国内外を問わず、代表的な日本食とみなされている。が、寿司という食品は元々、米に魚を長期間漬け込んで乳酸発酵させる発酵食品で、同様の食品は2世紀頃には東南アジアで広く作られていた。現在でも発酵食品としての寿司は鮒寿司が知られているが、近年これが東南アジアに輸出されて好評を博している。

寿司と同じく、納豆もまた、日本の国内外を問わず、代表的な日本食とみなされている。が、これもまた、大豆を発酵させた食品というものは東南アジアで広く作られている。さすがに糸を引くほど発酵させたりはしないけれど。詳しくは最近刊行された、高野秀行「謎のアジア納豆」を参照。

そもそも、日本人の主食である米そのものが、洋の東西を問わず、小麦よりも赤道寄りの地域で栽培されている。熱帯ではインディカ米が1年に2回も3回も収獲できるし、ジャポニカ米は温帯で栽培されるが、DNA解析によって発祥の地とされている長江流域は鹿児島市と同じ北緯31度前後に位置する。

食い物の次は食器。英語で「日本」は「Japan」だが、頭文字が小文字の「japan」だと「漆器」を意味する、というのは英単語の豆知識のひとつだが、ウルシ科の植物は温帯から熱帯に分布していて、ベトナムにも漆塗りの文化は存在する。2009年に仕事でホーチミン市に滞在していた時に、国営百貨店でベトナム漆器を目にしたが、日本の漆器よりも遥かにカラフルだった。ちなみに、南国フルーツの代表格とされるマンゴーもウルシ科に属するので、肌が弱い人はマンゴーでもかぶれる。

物の次は生き物。冬の間、雪が舞う中で温泉に浸かっているニホンザルというのは他国では見られないということで、英語でニホンザルはsnow monkeyとも言うが、逆に言うと、サルは基本的に雪が降るような所には住まず、熱帯に生息している。ヨーロッパには野生のサルは生息していないので、ヨーロッパ人にとってサルは長い間、地中海の向こう側、アフリカに生息する生き物という扱いで、ゴリラに至っては19世紀までUMA扱いだった。その結果、欧米では「身近に生息している、人間に近い知能の生き物」というポジションに、サルではなくイルカやクジラといった水棲哺乳類が収った。

……このように、日本を代表する文物とされているものの中には、実は東南アジアにも同様のものが存在している例が結構ある。ゆえに、日本は東アジアの一部というよりは、東アジアに突き出た東南アジアと見るのが妥当だと思う。

なんで年の暮れにこんな話をしたのかというと、年明けから東アジアを題材にしたちょっと長めの話を、何回かに分けて連続して投稿するつもりなので、その前準備として、日本が地理的だけでなく文化的にも東アジアに属するというのはちょっと単純すぎる見方だよ、という話をしておきたかった。というわけで、今年の言いたい放題は、これにて、おしまい。

Pocket