「All about 呉智英」から「呉智英MANIAXXX」へ

Pocket

ウィキに「呉智英MANIAXXX」を追加した。

20年前に初めて個人サイトを開設した時、個人的に目玉と自負していたコンテンツが二つあった。一つは「ハイパーテキスト論語」で、もう一つが「All about 呉智英」だった。どちらもサーバーを転々とした後、最終的に.Macのサービス終了によって一度は自然消滅させてしまったが、最初の開設から20年目の今年、「ハイパーテキスト論語」を「ハイパーテキスト論語リターンズ」としてPHPラボで復活させ、その直後から、もう一つの目玉(だった)コンテンツの復活を考えるようになり、ようやく年末ギリギリになって公開するに至った。

呉智英夫子には、10代後半から20代前半にかけて、最も強烈な思想的影響を受けた。最初の接触は1987年の4月、学研の雑誌「UTAN」だった。小学生の時に「科学」と「学習」を定期購読していたのだが、中学校への進学によって改めて購読誌を選び直すことになり、学年誌の「中学コース」よりも科学寄りっぽかった「UTAN」を選んだ。が、この「UTAN」という雑誌、科学雑誌っぽい見た目とは裏腹に、清田益章だの麻原彰晃だのを取り上げていて、同じ学研のオカルト誌「ムー」の別働隊っぽかった。その上、途中から環境問題へと大きくフォーカスを切り替えたので、その無節操ぶりにあきれ果て、中学卒業と同時に購読を打ち切った。

閑話休題。その「UTAN」の購読を始めた時点で「南伸坊のおじさんたちの非科学座談会」という連載があり、そこで初めて夫子を知った。が、その時点では、単なる物知りのおじさん、という印象しか持たなかった。

次の接触はマンガ情報誌「コミックボックス」だった。中学校の卒業間際、「機動警察パトレイバー」を特集した1990年の2月・3月合併号から読むようになり、高校に進学してからも最新号やバックナンバーを度々買っていたのだが、同年7月号から「知的マンガ人のための教養読書講座」という連載が始った。あ、あの物知りのおじさんだ、と思った。

高校生活は、半年も経つと鬱々としたものになっていた。元々、早熟でませていたが故に、小学校や中学校でも周囲の同級生とウマが合わず、毎学年、半年も経つと孤立感を覚えていたのだが、高校では最初の半年で孤立感を覚えてからずっと、進級しても鬱々とした気分が続いていた。高校二年の二学期だった1991年秋のある日、自転車で下校する途中に寄った書店で、偶然、「インテリ大戦争」を見つけた。何気無く手に取り、表紙をめくると、そこにはこう書かれていた。

不確実性の時代は、学問で乗り切るしかない!ということにみんな気づき始めている。つかみどころのない時代だからこそ、学問をして自分の物の見方を培わなければならない、とみんな感じているのである。それなのに我等凡人は、忙しい、疲れてる、とか言って、分かっちゃいるけど全然学問しないのである。一体、人生がどうしてそんなに忙しくて疲れるのかよく分からないけど、とにかくしない。そして学問は一部のインテリの方々にお任せして、自分はそのおこぼれにあずかりたい、甘い汁だけ吸いたい、と都合のいいことを考えるのである。そして幸運にもあなたが今手にとっている本書こそ、その甘い汁なのだ。本書を手にとって吟味した後に買わない人がもしいたら、その人はきっと一生、甘い汁にもうまい話にも、無縁で過ごすに違いないのである。

甘い汁やうまい話にはあまり興味が無かったけれど、でも、この本を買って読まなければ、一生、ダメな人生を送ることになってしまうような気がして、レジへと向った。

帰宅して、西日が差す自室で床に寝っ転がり、頭だけを壁にもたれかけて、「インテリ大戦争」を読み始めた。

圧倒された。子路が孔子に圧倒されたように、圧倒された。該博な知識に舌を巻き、絶妙なユーモアに笑い転げながら、この人のようになりたい、少しでも近付きたい、と思うようになった。

その直後から、主に旭屋書店の梅田本店で著書を買い漁り、新刊書店で買えない古い著書は北大阪の古書店を回って買い漁った。仲間と呼べるような同級生も、恩師と呼べるような教師もいない、暗い高校生活の中で、夫子が唯一の心の拠り所となった。高校を卒業して一浪中の1993年夏、雑誌「VIEWS」で翌年の東京都知事選への立候補宣言を読んだ時には、何とかして住民票を東京へ移せないかと、本気で考えた。

一浪の末、立命館大学に入学した1994年の秋、大阪大学の学園祭で開催された夫子とひさうちみちお先生の講演会を見に行った。初めて直接、夫子の姿を目に焼き付け、語りに耳を傾け、持参した色紙にサインを貰い、主催者によるアンケート用紙にやたらめったら熱過ぎる感想を書き連ねた。すると、それがきっかけでその後も主催者と会うようになり、翌年、立命館大学で夫子を招いたイベントを主催することになった。が、イベント開催の経験どころか人望も人脈も全く無いので、このイベントそのものは成功したとは言い難かった。

ただし、このイベントの後、夫子の情報を発信する公認サイト開設の許可を貰った。そして1996年の個人サイト開設時、「All about 呉智英」を目玉コンテンツの一つに据えた。著書の一覧が主要なコンテンツだったが、雑誌掲載のみで単行本に未収録の原稿の一覧や対談記事の一覧も将来的に追加するべく、大学が長期休暇に入る度に学割切符で東海道本線の鈍行列車を乗り継いで東京まで行き、永田町の国立国会図書館や早稲田鶴巻町の現代マンガ図書館、世田谷区八幡山の大宅壮一文庫に1週間ほど入り浸るということを繰り返した。東京への滞在中、夫子が高田馬場で開催していた論語の私塾「以費塾」に飛び入りで参加することもあった。

大学卒業後も、京都精華大学で夫子が座長を務める連続講座「マンガと教育を巡る諸問題」や、なごや博学本舗が大須演芸場で夫子を講師として開催するイベントに何度も参加した。ただし、大学生の時からアカデミズムにはどうも馴染めないような自覚があったので、日本マンガ学会には参加しなかった。そして、2006年にYahoo!ジオシティーズで新たに個人サイトを作った時に、旧サイトから「All about 呉智英」は移行させなかった。理由はズバリ、ウィキペディアの擡頭だった。

大学生だった時から、実際に使いはしなかったものの、Linuxなどのオープンソースの潮流を面白いものと思っていた。ただし、人付き合いが悪いので、「伽藍とバザール」の喩えで言えば、自分はバザールの賑わいを横目で見ながら伽藍を黙々と作り上げる側だと認識していた。

みんなで作った方がいいようなものは、みんなで作ればいい。そして、夫子に関する情報のようなものは、ウィキペディアで不特定多数が持ち寄って作り上げれば十分なように思えた。そんなわけで、「All about 呉智英」は.Macのサービス終了と共に自然消滅した。

そして、10年の歳月が流れた。

前半の5年間で、郷里へ戻った夫子と入れ違うように仕事の都合で東京へ異動となり、管理職になったものの進捗管理が全く出来なくて職場に居づらくなり、退職して海外を一人であちこち旅して回ることで1000万あった貯金を2年半で使い果し、挙句、病院で発達障害の診断が下った。

何のことはない、人並み以上に優れた頭を持っていたつもりだったけれど、ただ単に頭の機能が偏った片端でしかなかった。

後半の5年間は、低賃金の非正規労働を転々としながら、40代を迎えた。20代30代を振り返ってみれば、普通の定型発達者のような生活上のスキルだとか世間知のようなものはロクに身に付けず、なおかつ機能が偏った頭なりに何か突出した知識を積み上げることもなく、平凡にも非凡にもなれずに人生の折り返し点を過ぎてしまった。

40年も生きていながら、結局、中途半端に賢しらなだけの、知識人のなりそこないにしかなれなかった。そもそも、自閉スペクトラム症は幾ら知識を蓄積しても「心の理論」を欠く。ゆえに、孔門の十哲で言えば、言語「だけ」の宰我にしかなり得ない。

今回の「呉智英MANIAXXX」では、ウィキペディアには載らないような、細かすぎ・些末すぎ・重箱の隅つつきすぎな情報しか集めていない。所詮、機能が偏った頭では、そんなことしか出来ない。

自閉スペクトラム症は、限定された興味への強いこだわりを持ち続ける。20年経っても個人サイトで扱うコンテンツが大差無いなんて、つくづく進化というものが無い。

Pocket

単語クイズの追加

Pocket

PHPラボに単語クイズを追加した。見た目(と内部のアルゴリズム)は地名クイズと大体同じ。英単語が最も需要があるのだろうけれど、とりあえず、現時点での出題項目は北京語と朝鮮語だけ。

北京語は、日本語での意味ではなく単漢字の声調を5択(四声+形声)で選ぶ方式にしている。日本人にとって最も覚えにくいのは漢字の意味ではなく声調だと考えられるので。手持ちの辞書が古いので、2013年に公布された「通用規範漢字表」ではなく1988年に公布された「現代漢語常用字表」の常用字2500字を出題範囲としている。声調が複数ある場合、どちらを選んでも正解とみなすようにしている。

朝鮮語は、対応する日本語を5択で選ぶ方式と日本語での出題に対して朝鮮語を5択で選ぶ方式を用意している。基本的に、小学館の「朝鮮語辞典」の最重要語1350語を出題範囲としているが、以下の単語は省いている。

  • 漢字語
  • 存在詞・指定詞・依存名詞・数詞・助詞
  • 「하다」および「漢字語+하다」
  • そのまま日本語でも使われているもの(キムチとかナムルとか)

「Kind of Question」で出題項目を選び、「Start」ボタンをクリックすると問題が10問出題されて解答すると正答と誤答の一覧が表示され、10問全て解答するか途中で「End」ボタンをクリックすると再び出題項目が選べるようになるのは地名クイズと同じだが、朝鮮語では正答と誤答の一覧がGoogleの画像検索へのリンクになっていて、クリックするとその単語での画像検索の結果が表示されるようになっている。ただし、朝鮮語は同音異義語が結構多いので、検索結果がそれに影響されることもある。

Pocket

ハイパーテキスト論語リターンズの隠しコマンド

Pocket

PHPラボのハイパーテキスト論語リターンズはURLに引数を渡すことで本文が表示されるようになっているが、いくつか隠しコマンドを用意している。引数showはall(全文)とchapter1(學而第一)〜chapter20(堯曰第二十)の他にも、upperと入力すれば上論(學而第一〜鄕黨第十)が、lowerと入力すれば下論(先進第十一〜堯曰第二十)が表示されるようになっていて、volume1(卷第一)〜volume10(卷第十)も受け付けるようになっている。また、単漢字索引で特定の漢字をクリックすると引数qに検索する単漢字が渡されるが、直接入力することで2文字以上の検索(孔子とか君子とか)も実行できるようになっている。

Pocket

地名クイズにモンゴルとインドネシアを追加

Pocket

PHPラボの地名クイズにモンゴルの県とインドネシアの州を追加した。出題用の画像ファイルの名前は基本的にアルファベット表記での地名に準じているけれど、ウムラウト付きのファイル名が使えないので、モンゴルの画像ファイルは一部ウムラウトを外したファイル名になっている。ラオスも追加したかったけれど、ウィキペディアで公開されている地図が古かったので保留。

Pocket

地名クイズにタイの県名を追加

Pocket

PHPラボの地名クイズにタイの県(チャンワット)を追加した。70以上もあるので今迄に実装した出題項目の中で最も手間がかかった。フィリピンの州も追加したかったのだけれど、80以上もある上、ウィキペディアで公開されているクリエイティブ・コモンズの地図が地名入りなので出題用としては使えず、保留。あと、大体同じアルゴリズムで単語クイズも作っているけれど、出題用の単語リストが朝鮮語しか完成していないので、これも公開はしばらく先の話。

Pocket

ハイパーテキスト論語の帰還

Pocket

PHPラボに「ハイパーテキスト論語リターンズ」を追加した。何故「リターンズ」なのかと言うと、大学生だった20年前に初めて個人サイトを開設した時、作成したコンテンツの1つが「ハイパーテキスト論語」だったからで、その復活という意味を込めて「リターンズ」を付けた。

大学に入ってから学内のMacに触れたことは以前にも書いたが、それに伴って、その頃はパソコン関連の書籍を色々と濫読していた。その中の1冊、技術評論社の「電脳外国語大学」を読んだことが、論語のハイパーテキスト版を作るそもそものきっかけになった。

「電脳外国語大学」は、Unicode普及以前にパソコンで日本語以外の様々な言語の環境を構築・運用するノウハウが網羅された大部の共著で、執筆者の多くは大学関係者だった。その中に、フランスの文豪、バルザックの全作品のコンコルダンスをパソコンで作成する話が載っていた。

コンコルダンスというのは、特定の文学作品で使われている全ての単語と、その使用箇所を網羅した索引で、その作成は文学研究の基本作業と言える。しかし、多作で知られるバルザックの全作品のコンコルダンスを作るというのは、手作業では膨大な時間が必要になる。それをスキャナーとOCRで電子化することにより短期間で完成させてしまった、という話が衝撃的だった。

大学では文学部で東洋史を専攻していたから、漢籍も電子化して素早く参照できるようにしたいと思うようになった。しかし、MacもWinもUnicodeをOSレベルでサポートしていなかった当時、日本のパソコンで広く使われていたShift_JISコードでは使える漢字が極めて限られていたので、漢籍を電子化するというのは全く現実的ではなかった。教授陣はみな、ワープロ専用機でせっせこせっせこ外字を自作してレジュメを作っていたし、学生も含め、周りでは誰一人パソコンなんて使っていなかった。そんな中、これが東洋史研究の新潮流だ!とばかりに、たった一人、半ば意地になってゼミ用の資料をMacで作っていた。

そんな経緯があったから、漢籍を電子化する試みとして、論語の電子版を作ってみることを思いついた。とはいえ、テキストでは使える漢字が限られるので、当初はテキストを画像化してHyperCardのスタックにすることを考えていた。しかし、個人サイトの開設を計画するようになってから、目玉コンテンツのひとつとして、多少使える文字に制限があってもHTMLファイルにして公開することに決めた。

こうして最初の個人サイトで公開された「ハイパーテキスト論語」は、しかし、文字の制限を除いても、理想とは程遠い出来だった。というのも、ハイパーテキストと名乗っている以上、本文中のキーワードを全てリンクボタン化して、それをクリックすると同じキーワードが使われている章句だけが一覧表示されるような機能を実装したかったのだが、当時は動的なWebページを作成するにはCGIをプログラミングするくらいしか方法が無く、極めてハードルが高かった。キーワードのリンクが無い「ハイパーテキスト論語」は、実際にはハイパーテキストとは言い難かった。

あれから20年が経って、今ようやく、あの頃に思い描いていたような「ハイパーテキスト論語」を、自分で作って公開できるようになった。長い長い宿題をひとつ片付けたような気がする。

あーあ、20年もかかっちまった。

Pocket

地名クイズの追加

Pocket

PHPラボに地名クイズを追加した。PHPと地理、両方の独学を兼ねて作ったもので、空き時間にスマホでサクッと使えるような作りになっている。「Kind of Question」で出題項目を選び、「Start」ボタンをクリックすると地図が表示されて五択で地名を当てるクイズが10問、出題される。解答すると正答と誤答の一覧が表示され、それぞれがウィキペディア日本語版へのリンクになっている。10問全て解答するか、途中で「End」ボタンをクリックすると、再び出題項目が選べるようになる。

Pocket

PHPラボの開設

Pocket

新しい個人サイトの二本柱であるウィキとブログは、どちらもPukiWikiとWordPressというPHPベースのCMSなので、開設前から否が応でもPHPを学ばざるを得なくなり、開設後も独学が続いている。とはいえ、大学生だった20年前にはMac用のアプリケーションをCで自作していたので、PHPは書式がCと似ている上に規則が緩く、テキスト処理が強力な上にコンパイル不要で即座に実行できるというのが割と気に入っている。

独学を兼ねて、2月に入ってからローカル環境で色々とスクリプトを作ってきたけれど、それを公開してみたくなり、三本目の柱としてPHPラボを開設することにした。今の所は、最初に自作したスクリプトである卓上ウォーゲーム関連の投稿文ジェネレーターしか公開していないけれど、ローカル環境には他にも開発中のスクリプトが色々あるので、順次、追加で公開することを考えている。

従来、アジア各地の卓上ウォーゲーム活動の最新情報をFacebookや新浪微博で発信したり、それを再編集してNaver Cafeや個人ブログで発表するのには、単なるテキストファイルを使っていた。テキストファイルに文章を手打ちしたり、以前に手打ちした文章から再利用できる箇所をコピペしたりしていた。ほとんどの文章は書式が定型化していたけれど、ゲームタイトルを毎回毎回手打ちしたりコピペしたりするのは、いいかげん面倒くさくなっていた。特に、新しい対戦記録が長い間発表されていなかった国産ゲームは、久しぶりに新しい対戦記録が発表されると、以前に翻訳しておいたゲームタイトルを探し出すのが大変だったので、そうした作業の時間を省くために、卓上ウォーゲーム関連の投稿文ジェネレーターを真っ先に作ってみた。

「Article Title」には記事のタイトルを入力する。ただし、これはウィキの「亜州卓上戦棋定点観測:速報版」でしか使わない。Webページを紹介するのが目的なので、「URL」は必須入力で、2バイト文字を含む場合はエンコードが行われる。「Game(s)」にはゲームタイトルを1行につき1タイトルずつ入力する。「Kind of Article」は記事の種類で、レビューやリプレイ、プレイテスト、ルール翻訳、自作コンポーネントといった選択肢が用意されている。これらを入力して「Generate Text」ボタンをクリックすると、その下に投稿用のテキストが一括して生成される。「Clear All Text」ボタンをクリックすると、全てのテキストが消去される。一部のゲームタイトルは略称で入力しても生成されたテキストには正式なタイトルが使われる。略称が使えるゲームタイトルの一覧は「Show Abbreviations of Game Titles」をクリックすると表示される。また、一部のゲームタイトルはテキストの生成時に翻訳が行われる。その一覧も「Show Translations of Game Titles」をクリックすると表示される。

このスクリプトを作ってからは、日々の発信作業にかかる時間が短縮されたことを実感している。公開するにあたっては、クロスサイトスクリプティング対策もできている……筈。

Pocket

最初の三ヶ月を振り返って

Pocket

  • さくらのPHPはCGI版でBasic認証がデフォルトでは使えないので.htaccessを書き変え。
  • Google Analyticsのトラッキングコードを付け忘れていたので追加。
  • 2016年なんだからWordPressのテーマをTwenty FifteenからTwenty Sixteenに変更しようとしたけれど、サイドバーはPukiWikiと同様に左側がいいので取り消し。
  • PukiWikiのCSSをいじってモバイル環境での文字サイズを調整、テキストが右側にはみ出さないように折り返し設定を変更。
  • WordPressで明朝体とゴシック体のフォントがごちゃ混ぜで表示されていたのでTwentyfifteen Noto Sans JPプラグインをインストール。
  • PukiWikiで外部リンクは別ウィンドウで開くように変更しようとしたけれど、XHTMLではお行儀が悪いので取り消し。
  • WordPressの本体・テーマ・プラグインを一括アップデートしたらCSSのカスタマイズ(アルファベットの強制大文字変換を停止)とGoogle Analyticsのトラッキングコードが吹っ飛んでしまったので子テーマを作成。
  • PukiWikiで拡大画像を別ウィンドウで開くように設定していたのを停止。
  • WordPressでソーシャルボタンを付けてなかったのでWP Social Bookmarking Lightプラグインをインストール。
  • PukiWikiのプラグインとCSSをいじってモバイル環境でインラインフレームが右側にはみ出さないように調整。
  • WordPressのTwenty Fifteenはデフォルトでは余白が大きすぎるので、長いタイトルがなるべく途中で折り返さないように調整。
  • PukiWikiの本体をアップデート。
  • PHPをアップデート。
Pocket

亜州卓上戦棋探索始末

Pocket

旧ブログから亜州卓上戦棋定点観測のデータ移行が完了したので、この、タダでさえマイナーな趣味である卓上ウォーゲームの、それも日本以外のアジア各地での活動状況を探るという、奇特で誰得な試みの軌跡を振り返ってみることにする。

最初の調査は、BoardGameGeekで始めた。BGGでは掲示板などで書き込んでいる登録ユーザーの名前の下に、好みのゲームやゲーム以外の趣味嗜好などを表すマイクロバッジと呼ばれるアイコンを表示できるようになっている。そして、名前とマイクロバッジの間には、通常、国籍(あるいは現在住んでいる国)を表す国旗のアイコンが表示されるようになっている(わざと隠す設定にしている人もいる)。そして、この国旗のアイコンをクリックすると、同じ国旗を使っている登録ユーザーの一覧が表示されるようになっている。その一覧から、ウォーゲーム関連のマイクロバッジを使っている人を捜してリストを作ってみると、アジアでは香港とシンガポールの登録ユーザーが突出して多かった。

それならば、経済発展著しいアジアの新興国でもウォーゲーマーは今後増えるんじゃないか?と思い、更に詳しくBGGで調べてみることにした。リストアップした登録ユーザー一人一人のプロフィールページの自己紹介文や所有ゲームリストをチェックしたり、アジアの国別掲示板でウォーゲーム関連と思われるスレッドをチェックしたりした。とはいえ、BGGでは基本的に英語が使われているので、この方法では英語が日常的に使われている香港・シンガポール・フィリピンの状況くらいしか把握できなかった。

次に、Googleの検索オプションを利用することにした。Googleの検索オプションでは、特定の言語が使われているページだけを検索対象に指定できるので、この機能で検索対象を絞り、よく売れているウォーゲームのタイトルを検索語に指定して、レビューやリプレイのページを探してみることにした。とはいえ、この方法も問題があった。例えば「Paths of Glory」は元々、映画のタイトルから来ているので、検索結果が映画の紹介ページばかりになってしまった。メーカー名も追加して「gmt paths of glory」で検索しても、GMTがグリニッジ標準時の略称としても使われているので、あまり効果が無かった。同様に、「Twilight Struggle」もケネディの大統領就任演説から来ているので、英語学習のページばかり引っ掛かってしまった。最終的に「遊戲」とか「게임」とか「trò chơi」とか「เกม」とか、検索対象の言語で「ゲーム」を表す単語を追加して、ようやくレビューやリプレイのページが1つ2つ、見つかるようになった。

2009年に、丸10年勤めていた会社を辞めた。最後の2〜3年は徹夜・終電・休日出勤が常態化していた上、辞めた時点で貯金が1000万くらいあったので、もう当分働かねえ!と決めて、それまでにオンラインで発見したアジア各地のウォーゲーマーとオフラインで直接会ってみることにした。そして、その結果を「コマンドマガジン」誌上で「ぶらりゲーマー亞細亞を行く」と題した連載で発表した。偶然にも、台湾で福爾摩莎戰棋社(Formosa Force Games)が設立されて、ウォーゲーム専門誌「戰棋」が創刊されるのとタイミングが一致したため、付録ゲームのルール和訳と日本関連の記事の提供を担当するようになった。

実際にアジア各地のウォーゲーマーと会ってから、お互いの近況がすぐにわかるように、Facebookを使うようになった。そして、日本を含めたアジア各地の卓上ウォーゲーム活動の最新情報を海外に向けて英語で発信するようになり、それはしばしばC3i Ops Centerに転載されるようになった。加えて、「ぶらりゲーマー亞細亞を行く」の連載終了後、2011年からウォーゲーマー専用SNSのMustAttackで専用コミュを作り、日本以外のアジア各地の卓上ウォーゲーム活動の最新情報を3ヶ月毎に提供するようになった。

その後、FacebookとMustAttackだけでは不十分だと思うようになり、新浪微博とNaverのアカウントも取得した。2014年からは日本人向けの情報発信もクローズドなMustAttackで3ヶ月毎ではなくオープンなブログで毎月発信するように変更した。そして2015年の末まで、新しいレビューやリプレイなどを発見すると即座にFacebookと新浪微博で発信して、1ヶ月毎にそれを再編集してブログとNaver Cafeで定点観測と称して発表していた。しかし、1ヶ月に発信する情報が次第に増えてゆき、再編集に毎回少なくとも3時間はかかるようになり、しばしば取りこぼしも発生するようになった。そこで、ウィキの開設を機に、日本人と韓国人向けの定点観測も速報版をウィキに設けて最新情報を逐一追加することにした。これにより、1ヶ月毎の再編集作業が劇的に楽になった。加えて、こういう情報に初めて接する人向けに、2010年以前からの情報も含めた概説も新たに作成した。

RSSリーダーで取得できるような定型化した情報は、ワンクリックで投稿用の形式に加工するスクリプトをPHPで作れんもんかなー、とは思う。が、今のところ、日々の情報発信はそれほど忙しくはなっていない。

Pocket