亜州卓上戦棋定点観測:2016年1月

Pocket

The Hong Kong Society of Wargamersの定例会報告

2016年1月9日
公式サイト記録
Facebookアルバム
「Twilight Struggle Competition 2015」「Star Wars: X-Wing」「Star Wars: Imperial Assault」「Star Wars Risk」「露梁海戰(プレイテスト)」「ASL: When I Call Roll」「Dead of Winter」「The U.S. Civil War」「W1815」「400AP DBMM Koguryo Korean vs Alexander Imperial」

会員の個人宅「Tiger Room」でのミニ集会
Facebookアルバム

 

ブログ「Hong Kong Wargamer」から

How to Watch Live ASL Games on VASL & the Code of Conduct
“Yer Screwed” Dan Reads The ASL Rulebook – 01

 

「Board & Strategy」の画像付きスレッド等

올해 목표
今年の目標

DVG 타이거 리더의 업데이트 키트
DVG「Tiger Leader」のアップデートキット

새해 첫 구입
新年初購入

새해 첫 지름..
新年初の賭け…

제1회 배틀캠프 후기
(大邱の友人宅で2泊3日の)第1回バトルキャンプ後記

 

「ボードライフ」の画像付きスレッド等

1월 7일 [슈베어풍크트] 대전 워게임 모임 후기
[シュベーアプンクト]大田ウォーゲームクラブ集い後記

커맨드 앤 컬러스 고대 확장팩 1 – 그리스와 동부 왕국 간단 개봉기
「Commands & Colors: Ancients Expansion Pack #1」簡単開封記

타이드 오브 아이언 : 스탈린그라드 개봉기
「Tide of Iron: Stalingrad」開封記

Wilderness War [윌더니스 워]
「Wilderness War」レビュー

 

ブログ「SHERRY’S KINGDOM」から

MMP 시리즈
MMPシリーズ

새해의 첫 워게임 – SCS 시리즈
新しい年の初ウォーゲーム—SCSシリーズ

 

ブログ「Board & HISTORY」から

2016년 첫 구매 게임 (부제:산속마왕님 감사합니다^^)
2016年初購買ゲーム(副題:山奥魔王様ありがとうございます^^)

FAB:Bulge 후기
「FAB: The Bulge」リプレイ

PQ-17
「PQ-17」レビュー

 

ブログ「Wargame」から

지원화기로서의 화포(Ordnance)-2
支援火器での火砲

ASL 튜토리얼 1
ASLチュートリアル

지원화기로서의 화포(Ordnance)-3
지원화기로서의 화포(Ordnance)-4
지원화기로서의 화포(Ordnance)-5
지원화기로서의 화포(Ordnance)-6
지원화기로서의 화포(Ordnance)-7
支援火器での火砲

 

福爾摩莎戰棋社(Formosa Force Games)が台北國際電玩展(Taipei Game Show)の卓上ゲームエリアに出展。
戰棋-華文首創圖板戰史模擬遊戲雜誌 Board Wargame Magazine
戰棋-華文首創圖板戰史模擬遊戲雜誌 Board Wargame Magazine
戰棋-華文首創圖板戰史模擬遊戲雜誌 Board Wargame Magazine
戰棋-華文首創圖板戰史模擬遊戲雜誌 Board Wargame Magazine
戰棋-華文首創圖板戰史模擬遊戲雜誌 Board Wargame Magazine

 

戰棋團(台北)の公式ブログ「戰棋室」から

戰棋團第75次聚會花絮
「Churchill」「大東亜戦争」「La Bataille de la Moscowa」「Maria」「Napoleon’s War」「江戸幕府の黄昏」

 

ブログ「大男孩 の 生活 ○ 瑣事」から

【閒聊】WSDV的評價修正:最終版。
「Wir sind das Volk!」の評価修正:最終版

【戰報】No Retreat
【戰報】No Retreat趴兔:莫斯科攻防戰
「No Retreat!」リプレイ

【閒聊】戰棋頻道7729
ブログ「戰棋頻道7729」紹介

【戰報+閒聊】A Victory Lost
「A Victory Lost」リプレイ

 

ブログ「戰棋頻道7729」から

【閒聊】歡迎來到《戰棋頻道》~
「戰棋頻道」へようこそ〜

【戰報】No Retreat! The Russian Front 巴巴羅沙行動(連載中)
「No Retreat!」リプレイ

 

ブログ「13 Foxtrot」から

2016,Happy New Year
新年の挨拶

最近的戰事速記與心得(五)
最近のリプレイと心得(その五)

關原合戰番外篇,我出一張忠誠牌,再大你兩張。
「Sekigahara」番外編

1月份-Wargame Time lapse (HotS)
1月のウォーゲームタイムラプス(「Hammer of the Scots」)

WSDV速記:with Richard Sivél
「Wir sind das Volk!」をデザイナーと対戦

2016 My watch & wishlist .#1
2016年の購入予定リスト

GJ#32 関ヶ原大戦 (vassal)
「関ヶ原大作戦」リプレイ

Labyrinth – 詭侷,初玩心得
「Labyrinth」初プレイの心得

蘇錘 vs 關原 (上)
「Hammer of the Scots」vs「Sekigahara」

CMJ#104『河越合戦-北条氏康の賭け』(vassal)
「河越合戦」リプレイ

1月聚會小插曲
1月集会の小エピソード

 

北京戦棋党の画像付き定例会報告等

2016年1月10日
战棋堂活动:16年1月10日活动回顾《大东亚战争》其他等!
「Greater East Asia War」

2016年1月17日
战棋堂活动:16年1月17日活动回顾《特混舰队》《6月6日》!
「TaskForce」「June 6」

六月六日推演记录
「June 6」リプレイ

 

Shanghai Wargamers Partyの定例会報告

2016年1月2日・3日
Facebook投稿
「激闘!バルバロッサ電撃戦三部作」「Liberty Roads」「1989」

2016年1月9日・10日
Facebook投稿
「Memoir ’44」「鐵血江橋(デモプレイ)」「パウルス第6軍」「日本機動部隊」「Armati」「東部戦線」

2016年1月16日・17日
Facebook投稿
「Ukraine ’43」「Friedrich」「A Victory Lost」「Vistula-Oder-Berlin」「ワーテルローの戦い」「東部戦線」

2016年1月23日・24日
Facebook投稿
「Vistula-Oder-Berlin」「Superpower at War」「Ukraine ’43」「A Victory Lost」

2016年1月30日・31日
Facebook投稿
「Iron Bottom Sound III」「Ukraine ’43」「マンシュタイン最後の戦い」「Vistula-Oder-Berlin」「Memoir ’44」

 

「百度貼吧」の画像付きスレッド等

【推演战报】壮哉!英雄035!
「長征一号」リプレイ

祝贺苏联取得元旦多地卫国战争伟大胜利
元旦に無錫・天津・上海で同時に「激闘!バルバロッサ電撃戦三部作」を対戦

【资讯交流】GJ官网大量中规放出
GJ公式サイトで翻訳ルール大量放出

【推演战报】Cuba Libre古巴革命初体验
「Cuba Libre」リプレイ

《日本机动部队》中途岛战报
「日本機動部隊」ミッドウェイシナリオリプレイ

[兵棋开箱]俄国内战 S&T267 Russian Civil War 1918-1922
「Russian Civil War」レビュー

神秘岛桌游 GAMEJOURNAL团购开启 2016大福利!
上海のゲームショップ「神秘島卓遊」店長の日本訪問報告と「ゲームジャーナル」付録ゲームのルール翻訳について

2016年大家都有什么推演计划和购买计划呢?
2016年にみんながプレイと購入を計画しているものは何かあるかな?

有好的三国题材的兵棋吗?
三国テーマのいいウォーゲームある?

元旦巴巴罗萨三合一推演——武汉站(九图流)
武漢での「激闘!バルバロッサ電撃戦三部作」リプレイ

前来拜吧!
2・3時間でプレイできるウォーゲームのおすすめ教えて

激闘!グデーリアン装甲軍 和 A VICTORY DENIED,哪个好些?
激グデとAVDはどっちがいい?

兵棋是否可以设立一个参谋长功能?
ウォーゲームで参謀長を立てる功能はあるか無いか?

神秘岛桌游 日本战棋杂志 six angles 团购开启
「神秘島卓遊」で「シックス・アングルズ」の共同購入予約受付開始

【开箱属性】苍天航路
「蒼天航路」レビュー

2016.1.1《汉末群雄》非正式预告视频 首发!
後漢家遊戯工作室の新作「漢末群雄」非公式予告

【兵棋开箱】<Combat Commander Battle Pack 7>开箱介绍
「Combat Commander Battle Pack 7」レビュー

【推演战报】周末战报之绝境神鹰 剧本1 钢铁攻势(更新会慢些)
「絶境神鷹:Born to be Surrounded」リプレイ

【推演战报】GJ激斗!巴巴罗莎闪击战
上海での「激闘!バルバロッサ電撃戦三部作」リプレイ

【兵棋开箱】古巴自由(Cuba Libre)
「Cuba Libre」レビュー

【兵棋评测】入门级二战班组级战术棋——《BoB Ghost Panzer》
「Band of Brothers: Ghost Panzer」レビュー

【推演战报】自制模型战棋 Armati 上海战棋村首推2016年1月10日
「Armati」リプレイ

【资讯交流】COIN第六作美国独立战争即将上市
COIN第6作米国独立戦争まもなく発売

【推演战报】激斗!斯摩棱斯克闪电战新人教学局
「激闘!スモレンスク電撃戦」新人教育リプレイ

【兵棋开箱】LnL战术系统最新模组——《Heroes of Normandy》
「Lock ‘n Load Tactical: Heroes of Normandy」レビュー

【甲午海战】所有素材定稿,发个老的的试验版战报
「甲午海戦」最終版のコンポーネントでプレイテスト

【战棋中规】CMJ#123 柏林之战
「Vistula-Oder-Berlin」ルール翻訳

兵棋DIY-gj44龙虎三国志
「竜虎三国志」自作コンポーネント

【兵棋开箱】被否定的胜利 A Victory Denied
「A Victory Denied」レビュー

【推演战报】ASLsk1 S1夺回维尔维勒(入门熟悉规则,更新慢)
ASLSK#1リプレイ

【推演战报】失去的胜利之哈尔科夫的功亏一篑
「ドイツ戦車軍団:ハリコフ攻防戦」リプレイ

【甲午海战】新版素材图片
「甲午海戦」新版コンポーネント

【兵棋开箱】几个VG的老棋
VGの古いウォーゲームいくつか

一图流——激斗!巴巴罗萨合体成功
ZunTzuで「激闘!バルバロッサ電撃戦三部作」の連結マップ作成に成功

【推演战报】第五舰队高级规则第十剧本
「5th Fleet」リプレイ

【纯图】最近模型战棋FOW的一些图片
「Flames of War」リプレイ

【兵棋开箱】诡局 Labyrinth
「Labyrinth」レビュー

【推演战报】《亚洲舰队》第二剧本油田水域
「アジアン・フリート」リプレイ

【推演战报】学生党放假第一战:Panzer corps 哈尔科夫攻防战
「ドイツ戦車軍団:ハリコフ攻防戦」リプレイ

【教学战报】the speed of heat训练1
「The Speed of Heat」教育リプレイ

【推演战报】绝境神鹰 剧本二 带新推 简单图片流
「絶境神鷹:Born to be Surrounded」リプレイ

神秘岛桌游 Command Magazine Japan日本战棋杂志CMJ团购
「神秘島卓遊」で「コマンドマガジン」の共同購入予約受付開始

【推演战报】GBoH: HOPLITE 第1剧本ephesue
「Hoplite」リプレイ

【推演战报】Command at Sea 拉普拉塔河口海战
「Command at Sea」ラプラタ沖海戦シナリオリプレイ

【资讯交流】朝鲜战争系列明信片第二作 猎马者 正式预售中!!
朝鮮戦争シリーズのハガキゲーム第2作「猟馬者」正式プレオーダー中!!

【自主设计】《熊咆鹰啸》原创规则及zuntzu包公测分享
クルスク戦の自作ゲーム「熊咆鷹嘯」のZunTzuモジュール公開

战国大名diy武将算子
「戦国大名」自作武将ユニット

【推演战报】新人——血战古宁头
「血戰古寧頭」リプレイ

【推演战报】panzer corps 罗盘行动
「ドイツ戦車軍団:コンパス作戦」リプレイ

萌新想玩战棋
(太平洋戦争の)ウォーゲームをプレイしたい

【推演战报】Ukraine ’43乌克兰1943初始剧本
「Ukraine ’43」リプレイ

请教,有没有分队战术的兵棋?
分隊戦術のウォーゲームってありますか?

 

ブログ「leozhu戦棋研究室」から

2015年桌面战棋推演与学习小结
2015年卓上ウォーゲームプレイと学習のまとめ

LeoZhu战棋学习笔记系列No.2:Cuba Libre古巴革命(上)
LeoZhu战棋学习笔记系列No.2:Cuba Libre古巴革命(下)
「Cuba Libre」レビュー

Pocket

(三度目の)開設の辞

Pocket

初めて個人サイトを開設したのが1996年、全面的に作り直したのが10年後の2006年、そして今回再び10年目にして全面的な作り直しに至ったので、試みに、この20年余りの軌跡を振り返ってみることにする。

一浪の末、1994年に大学に入った時点では、将来、編集者になりたかった。だから、DTPの技能を身に付けるべく、入学後すぐに学内のオープンパソコンルームでMacに触れて、インストールされていたPageMaker(メーカーはまだAdobeではなくAldusで、バージョンは4.5だった)をいじり倒した。

物心ついた頃からずっと、自分のメディアを持ちたいという欲求が強かった。編集者を目指していたのも、そうした欲求の表れだった。だから、1995年に入った頃から、新しいメディアであるインターネットにも徐々に心惹かれていった。ただ、当時はまだ日本語のWebサイトは極めて少なく、Yahoo! JAPANすら無かったので、個人サイトを作ってみたいと思うようになったのは、1996年に入った頃からだった。

とはいえ、日本語で読める資料は少なく、個人サイト作りの独学は、単なるテキストファイルをNetscape Navigatorにドラッグ&ドロップしては、何で改行が反映されないんだ?と悩むようなレベルから始った。加えて、Macのファイルは拡張子を必要としなかったので、UNIX系の知識の欠如もハンデになった。

ようやくHTMLとCGIの解説書を手に入れて、とりあえずHTMLファイルは作れるようになった。が、CGIの仕組みがどうにも理解できず、ここで詰ってしまった。学内のサーバーで学生でも個人サイトを開設できるようになっていたので、当初、3回生になる4月に自分のサイトを開設するつもりでいて、HTMLだけの静的なサイトであれば開設できたのだが、CGIも理解した上で開設したいという思いが強く、予定はズルズルと延びていった。

結局、いつまで経ってもCGIはよく理解できず、このままでは埒が明かないと、半ば仕方無く、8月に最初の個人サイトを学内のサーバーに開設した。動的なデータ生成が理解できないというハンデは、その後も長く尾を引いた。

CGIが理解できないということに加えて、最初の個人サイトの開設にあたって、もう一つ不満だったのは、文字コードの問題だった。大学では文学部で東洋史を専攻していたので、漢籍などの東洋の文献の電子化に興味があった。が、当時はMacもWinもUnicodeをOSレベルでサポートしていなかったので、最初の個人サイトでは文字コードにShift_JISを使っていた。回線が繋がっていれば世界のどこからでもアクセスできる筈のインターネットで、使える文字が極めて限られているというのは、個人的に大きな不満だった。

このように、色々と不満はあったものの、自分のメディアを持てるという喜びは、それを補って余りあるものだった。1998年に大学を卒業した後は地元のプロバイダーやVector、そしてZAQとサーバーを転々として、最終的に2005年にAppleの.Mac(後のMobileMe)に落ち着いたものの、Appleがサービスを終了してしまったことで、最初の個人サイトは自然消滅した。

最初の個人サイトを.Macに移した後、全く新しく別のサイトを作ることを考えた。最初の個人サイトは文字コードの問題に加えて、カテゴリー毎のデザインの統一性が無く、ごった煮状態だったので、新しく作り直すサイトは文字コードにUTF-8を採用して使える文字の種類を増やし、CSSの導入などでデザインに統一性を持たせ、2006年の1月にYahoo!ジオシティーズに開設した。

しかし、翌2007年から卓上ウォーゲームの対戦記録を残すようになると、ファイルが激増して管理が大変なことになってしまった。特に、デザインに統一性を持たせたサイトでHTMLファイルが増えることで、本文以外のヘッダー・フッター・サイドメニューをおいそれといじれなくなってしまった。

そうしてファイル管理に四苦八苦していた中、2009年の11月に、既存のHTMLファイルのヘッダーの設定に誤りがあって、ページが正しく表示されないことがあることが判明して、100件以上あるHTMLファイルを全部修正する羽目になった。

何とかしなければと、翌2010年の2月にエキサイトブログに別館を開設して、そちらに対戦記録を丸ごとごっそり移すことで、ようやく本館のファイル管理が楽になったと思った矢先、今度は朝鮮戦争関連のファイルが激増して、以前にも増して管理が大変なことになってしまった。

この頃から、もう静的なWebは嫌じゃ〜っ、という気にはなっていたものの、2012年に入ってから精神的にボロボロになってしまい、何ら手を打つことができず、別館を毎月1回更新する以外は半ば放置状態が続いていた。

それから3年が経ち、2015年になってようやく精神的に立ち直ってきて、懸案事項の解決に取り組む意欲も出てきた。三度目の個人サイト開設では、ウィキとブログの二本立てで、20年目にして静的なWebからの脱却を図ることにした。まだまだ動的なデータ生成は得意ではなく、事ある毎にPHPのオンラインマニュアルを参照せざるを得ないけれど。

こうして振り返ってみると、20年目にしてようやく理想に近いサイトを構築できるようになったような気がする。さて、10年後は一体、どうなっているのだろうか?

Pocket